はじめての浮気調査を依頼する前に考えること3選

初心者

はじめて浮気調査を探偵に依頼するのは不安だと思います。

探偵事務所よっては、特徴や料金も様々ですので、あなたの探偵選びには、何が最適なのかはわかりにくいことでしょう。

まずは調査料金がいくらかかるのか。これが一番気になることと思います。

「たった数時間のピンポイント調査で、できるだけ費用をかけずに決定的な浮気の証拠をつかんでほしい!」とお考えになるお気持ちはよくわかります。

ですが、このようなことが現実的に可能でしょうか。

いや、状況的には可能なケースもあります。

パートナーが浮気相手と密会する日時を把握していて、密会したらすぐにラブホテルに入り、休憩の3時間で出てくる状況を探偵が発覚することなく完全尾行を成功させた場合です。

このようなケースでも交際していると立証するには、複数回の証拠を押さえたいところです。

では、今回は期待することとは異なる結果や誤解から残念な結果にならないために依頼する前に考えてほしいことを3点あげてみます。

調査目的に沿った浮気調査プランを選ぶ

プランを比較

単に「浮気調査」と言っても、「浮気の事実を確認する調査」と「不貞の証拠を収集するための調査」と2つの目的が考えられます。

当然のことですが、浮気の事実確認なら対象者と異性が接触しているか否かを確認する調査ですし、不貞の証拠を収集するための調査は、二人が交際をしている証拠を集め不貞を立証するための調査です。

あなたの調査を依頼する目的が違うことで、調査をご提案するプランの内容が変わってくることはご存じでしょうか。

浮気の事実を確認する目的の浮気調査

尾行

パートナーが浮気をしているのか否かを調べる目的で調査をします。

浮気の裏付けがなく、浮気をしているのかハッキリしないけれど、浮気の心配されているお客様がご依頼されます。

基本的には、お客様が気になる時間帯や目の行き届かない時間を監視し行動を撮影記録する調査です。

お客様が指定する日時に対象者の行動を監視し、異性との接触や不審な動向がないか調べます。

短時間でお客様が懸念していた通り、異性との接触が確認できれば納得をいただけるのですが、裏付けがなくてもパートナーの浮気を強く思い込んでいる方も少なくありません。

なかには、調査結果に納得できず、間隙があった日や時間に浮気相手と密会しているはずだと、パートナーに対する懸念が払拭できない状況に陥ることにもなりかねません。

確かにピンポイントの調査でしたら、タイミングが外れることもあるでしょう。

ですがお客様と打ち合わせを行い、勤務スケジュールなどから可能な限り間隙をなくすように異性との接触の有無を確認します。

 

ご注意

お客様が納得できるまで追加契約のスパイラルに突入しかねませんので、ご自身で冷静にご判断することが必要です。

不貞の証拠を収集する目的の浮気調査

カップル

不貞の証拠を収集する調査は、パートナーと浮気相手が密会した時に、男女の関係があると推認される重要な行動のみを、証拠として押さえ続けて行く調査です。

ですから、ひとりでコンビニやスーパーに行っている様子や、同性の友人と遊んでいる様子など、浮気相手と関係がなく重要ではない行動は、調査の対象にはしていません。

ですから、不必要な尾行を繰り返し、発覚の恐れや、無駄な料金の発生が高まるようであれば追跡を中止し、重要な場面に対応するようにしています。

ポイント

不貞の事実を立証するには、ある程度の証拠の数が必要になります。二人が交際している様子などを証明するために、重要な行動を継続的に証拠として押さえます。

不貞事実の証拠を押さえるまでには、総額でいくらかかるのかで判断する

まず、あなたに知っていただきたいのは、「たった数時間の調査では、不貞を立証できる証拠はほぼつかめない」ケースが多いことです。

あなたの気になる時間に、どのような行動をしているのかの事実確認を目的とするのなら、数時間の調査をご提案いたします。

ですが、離婚や慰謝料の請求などで確かな証拠が必要なのであれば、継続的に密会している状況を押さえることが必要となるでしょう。

集める証拠

●休日に浮気相手とデートをしている様子や、ラブホテルを利用している様子を集める。
●浮気相手宅に出入りしている様子や、宿泊している様子などを複数回押さえる

パートナーと浮気相手の交際状況を継続的に撮影記録することによって、不倫関係を構築していることを証明いたします。

また、浮気相手の鮮明な写真や居住先などの情報も最低限必要になりますので、補足調査などで補うこともあります。

 


数時間の調査ではタイミングが合致したとしても、ラブホテルの滞在が1回押さえることができるか否かです。

全てを集約し証拠を押さえ、交際相手の判明と撮影記録をするなら、パートナーに少々発覚されても強引に追跡し続けることになりかねないことが予想されます。

そのような事態になった場合は、次回の調査が難しくなるか、取返しがつかない状態になれば、あなたにとってもマイナスにしかなりません。

ですから、秘かに調査を進めて立証できる証拠を集めて行くには、調査時間と費用がかかることをお考えになった方がよいでしょう。

 


数時間の調査で、二人が密会し食事をしたり、ドライブデートをしたことは、あなたにとって裏切り行為なので浮気かも知れません。

ですが、不貞事実の証拠としては弱いものですから、「時間制プランの追加調査」の繰り返し契約になった場合には、確かな証拠を押さえることもできずに、かなりの調査費用に膨れ上がることもあるのです。

弊社では、稼働時間単価の比較的高い時間制プランだけではなく、定額料金プランや成果保証のプランのご用意もあります。

調査状況によっては、お得なプランに変更することもできますので、確かな証拠を押さえるまでに、総額でいくらかかるのかをお考えになってご判断して見てはいかがでしょうか?

Follow me!

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)合同会社アイスターオフィス 代表
1969年生/北海道虻田郡出身/元自衛官 勤務歴11年/教育学部卒/主夫経験有り/
2002年、全国ネットワーク大手探偵社に所属し、探偵として調査経験を積む。2004年、「総合調査事務所アイスターオフィス」独立開業。札幌市・千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動。/
メッセージ:これからも一人ひとりのお客様に真剣に向き合いお応えします。/
一般社団法人 全日本総合調査業協会会員/
一般社団法人 北海道探偵調査業協会会員