浮気調査費用を抑えたい人がまずはやるべきこととは

面談

いくら女の勘が当たるとはいえ、確固とした証拠もないのにご主人の浮気を立証することは大変難しいものです。

特に、用意周到なご主人の場合、スマホのロックは頑丈に設定してあると思いますし、むやみにレシートなども残しておくことはないと思われます。

そのような時でも、探偵に頼めば浮気の証拠を見つけることが可能です。

ですがあなた自身で証拠を掴むのとは違って、ある程度の費用は必要になります。

しかし、尾行や撮影技術を駆使した私たちの仕事には、撮られた側が言い逃れできないような証拠をつかむノウハウがあります。

もし、探偵にかかる費用をできるだけ抑えたい場合には、日々ご主人の行動や予定を把握し、ここぞと言う時にピンポイントで行動調査を依頼してみるのもひとつの方法です。

「明日は仕事の付き合いで遅くなる」「来週から出張だから…」など、家庭での会話の中であなたの女の勘が少しでも働いた時は直感を信じて行動に移してみて下さい。

その際、二人のツーショット写真だけを撮影してくれれば良いのか、浮気相手の居住先なども知りたいのかなど、浮気調査を依頼する前に私たちに伝えておくことも、費用の節約をする上では大切なプロセスとなるでしょう。

まずは、具体的なご相談をしてみませんか?

Follow me!

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)合同会社アイスターオフィス 代表
1969年生/北海道虻田郡出身/元自衛官 勤務歴11年/教育学部卒/主夫経験有り/
2002年、全国ネットワーク大手探偵社に所属し、探偵として調査経験を積む。2004年、「総合調査事務所アイスターオフィス」独立開業。札幌市・千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動。/
メッセージ:これからも一人ひとりのお客様に真剣に向き合いお応えします。/
一般社団法人 全日本総合調査業協会会員/
一般社団法人 北海道探偵調査業協会会員