離婚裁判に役立つ浮気の証拠とはなんでしょうか?

はてな

奥様が夫の浮気調査を探偵に依頼する場合、ほぼ離婚を視野に入れているようです。

浮気の証拠が詰まった調査報告書は、後の離婚裁判にも有利に活用できることから、まずは証拠集めに力を入れる奥様も大変多いようです。

今回は、そんな離婚裁判で通用する浮気の証拠として代表的なものを調べてみました。

 

言い逃れできない不貞の証拠写真

夫の不貞行為を客観的に認めさせる証拠としては、浮気相手とのツーショット写真が一番効果的だと言われています。

ですが、車に同乗している写真やビジネスホテルへの出入りだけでは、「なにも無かった」と言い逃れされる場合があるので注意が必要です。

浮気の証拠として最も確実な写真はラブホテルの出入口でのツーショット写真です。

ラブホテルに一緒に入ると言うことは目的はただ一つであり、決定的な動かぬ証拠として提出することができます。

 

夫の嘘を立証する

日記を書く

ラブホテルでの密会写真が撮れなくても、夫と浮気相手が頻繁にデートを重ねている場合は立派な証拠として提出できます。

交際パターンはそれぞれ違いますから、「どれだけ頻繁に密会を繰り返し交際をしているか。」など男女の親密な交際をしていることを証明する必要があります。

その場合、探偵が撮った写真の日付や時間と、夫の帰宅時間がきちんとリンクするように、妻は日記をつけておくことをおすすめします。

「今夜は残業で遅くなる」とメールが着ていたのに、実際は浮気相手と食事をしていたことが写真で立証できれば、これもまた浮気の証拠です。

その間の夫からの着信やメールの履歴は全て保存して、実際の行動と照らし合わせることで、夫のアリバイを崩していくことも重要です。

離婚裁判とは一種のプレゼンテーションですので、いかに第三者に対してパートナーの不貞行為を認めてもらうかがカギとなってくるのです。

 

事実を押さえた録音データ

ICレコーダー

夫婦の会話の中で不貞行為を認めるような発言をしていて、それを録音していたのならこれも立派な証拠となります。

また夫と浮気相手との会話を録音したデータも同様です。

ただしこの場合、不貞行為を前提としている会話でなければなりません。

録音データに関して知っておきたいことは、ICレコーダーなどのデジタルデータは編集やねつ造がしやすく、証拠として弱い場合があることです。

また盗聴などはプライバシーの侵害となり、妻の行動が反社会的行動だと判断されれば、せっかく集めた証拠は証拠として認められませんので注意しましょう。

探偵に浮気の証拠集めを依頼するメリット

証拠

離婚裁判となったら、浮気をされたあなたにとって納得のできる結果を望むのは当たり前のことです。

離婚裁判に有利となる証拠集めは、もちろんあなた自身が行うことも可能です。

実際に長い時間をかけ、労力をかけ、自身の身を削って証拠集めに奮闘し、裁判に勝つ人もいます。

ただそれはとても大変なことですし、トラブルに巻き込まれたり危険な目にあうこともあるかもしれません。

集めた証拠が確実に裁判に使えるかどうかの判断も難しいのが現実。

効率よく安全に証拠集めをするのなら、私たちのようなプロの探偵に依頼するのが得策だと思います。

確かにお金はかかります。

しかしそれよりも価値のある証拠と私たちの対応に、きっと高い満足を得られるはずです。

ご相談お待ちしております。

Follow me!

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)合同会社アイスターオフィス 代表
1969年生/北海道虻田郡出身/元自衛官 勤務歴11年/教育学部卒/主夫経験有り/
2002年、全国ネットワーク大手探偵社に所属し、探偵として調査経験を積む。2004年、「総合調査事務所アイスターオフィス」独立開業。札幌市・千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動。/
メッセージ:これからも一人ひとりのお客様に真剣に向き合いお応えします。/
一般社団法人 全日本総合調査業協会会員/
一般社団法人 北海道探偵調査業協会会員